カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
1日に最大100件はストレスなく顧客訪問できる「白地開拓ツール」の設計手法を大公開!営業スキルが足りなくても、ソリューション営業をしながら「白地」を発掘できるようになります。目標の2倍の予材がなかなか積みあがらない、そんな悩みを解消します。
組織営業力アップDVDvol.6「超実践!白地開拓ツールの設計思想と作り方」
38,880円(税込)
定価 36,000円(税込)
購入数

組織営業力アップDVDvol.6「超実践!白地開拓ツールの設計思想と作り方」
38,880円(税込)


「目標の2倍の予材(材料)を仕込む」予材管理において、最も重要な活動は「白地活動」です。どのようにして新規の予材を獲得し、予材の回転率をアップしていくかが「予材管理」を極めるうえで大きなキーポイントとなります。

「白地開拓」の概念を初公開!

今回のDVDは、ずばり「白地」を増やすための『チラシ』『製品パンフレット』の作り方を解説しています。

名づけて、「白地開拓ツール」

目標予算を達成させるために、「目標の2倍の予材(材料)を仕込む」ことが予材管理の基本概念です。

しかし、2倍も予材がない。

もしくは、予材は2倍あるが、2倍をキープしたいがために新陳代謝が悪すぎる。あるいは新しい予材を発掘できない。 などの悩みがあるマネージャは多いと考えられます。

今回のDVDでは、これまでコンサルティング先でしか披露してこなかった「白地開拓」の概念をはじめてお話いたします。

ご紹介する「白地開拓ツール」の活用により、、1日に最大100件はストレスなく顧客訪問できるようになり、営業スキルが物足りなくても、ソリューション営業をしながら、「白地」を発掘できるようになります。

そのような魔法の「ツール」が本当にあるのか? それにお答えします。

「白地開拓ツール」の作成例として『SPIN話法』をチラシ化するというテクニックを紹介します。

本DVDで紹介するテクニックを使ったチラシで、お客様に問題を認識させ、気付きを誘発し、ソリューション営業できる。なおかつ正しくクロージングの手助けをする。

この禁断のテクニックを、NLP理論をふんだんに活用し、どのように「言葉」を操ればよいのかを解説します。

キレイゴトは書きません。もちろん最後は確率論に頼ることになります。

しかし営業スキルに頼ることなく、月に1000件近い「ソリューション営業」ができるようになれば「予材」が増えないなんて現実的にありえません。

目標の2倍の予材がなかなか積みあがらない方、初公開のテクニックをご覧ください!

このDVDを視聴することで、以下のような気づきが得られます

  • 新規開拓のストレスを「チラシ」で解決させられるテクニック
  • なぜ1日50件も100件も訪問できるようになるのか?
  • トーク技術でお客様に提案しようとしても、ほとんど無理な理由
  • 4回、5回と足を運ぶことが見込み客の育成につながる
  • 「チラシ」が継続フォローの恐怖心を克服してくれる
  • お客様の心理ストレスさえも軽減させるツール
  • 「ソリューション営業」ができるのは組織で20%しかいない
  • お客様の状態管理「OATHの法則」を理解すれば仕掛けられる
  • 問題を「気付かせる」NLPコミュニケーション技術
  • 問題の重大性を「気付かせる」SPIN話法とは?
  • NLPの概念を落とし込んだ「FAQ」の作り方
  • なぜシナリオ型のチラシにするとお客様は誘導されるのか?

とここまで。

本DVDでご紹介するテクニックを使えば、チラシはもちろんサービスを魅力的に伝えるWEBサイト作成にも役立ちます。

実営業とお客様をつなぐ「白地開拓ツール」で、お客様のニーズに応えるソリューション営業を実践しましょう。

講師プロフィール

横山信弘

株式会社アタックス・セールス・アソシエイツ 代表取締役社長

企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。支援先は、NTTドコモ、ソフトバンク、サントリー等の大企業から中小企業にいたるまで。3大メガバンク、野村證券等でも研修実績がある。企業研修は、基本的に価格がつけられず「時価」。にもかかわらず、研修依頼はあとを絶たない。現場でのコンサルティング支援を続けながらも、年間100回以上の講演実績は6年以上を継続。

ベストセラー「絶対達成シリーズ」の著者であり、メルマガ「草創花伝」は3.7万人の経営者、管理者が購読する。コラムニストとしても人気で、日経ビジネスオンライン、Yahoo!ニュースのコラムは年間2000万以上のPVを記録する。

著書『絶対達成マインドのつくり方』『「空気」で人を動かす』など著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

この商品を購入する

この商品を買った人は
こんな商品も買っています